看護学科

看護師への最短コース。看護師国家試験も高い合格率。 看護学科
看護学科とは

看護学科(看護師5年課程)が一番の早道で確実な方法だと思います。本校は、一番早道の看護師課程が設置されています。

看護学科(看護師5年課程)では、前半の3年を基礎課程、後半の2年間を専門課程と呼んでいます。

基礎課程3年間を終えると高校卒業の資格が与えられます。高校卒業の資格がありますので大学へ進学することも可能です。


看護過程比較
基礎課程 3年

基礎学力を重視し、看護の基礎知識はもちろんのこと一般教科にも力を入れています。また、看護に対しての興味をより一層もってもらえる様に講習会、手話講座など積極的に取り入れています。(人柄教育)

専門課程 2年

基礎課程3年間で学んだことを基礎に専門課程では、専門的に看護を学びます。国家試験対策にも力をいれ、全員合格に向け万全な対策を取っています。進路においても全員が就職決定。また、毎年、助産師学校または、保健師学校へも進学しています。

看護学科 看護学科 看護学科
戴帽式

ナイチンゲール誓詞の冒頭に『我はここに集いたる人々の前に厳かに神に誓わん』とあります。看護学生としての看護の基準を履修し、ナイチンゲール誓詞に基づき看護職の厳しさ・尊さを自覚し、看護を職業として選んでいく新たな決意を自分自身に誓うための厳かな儀式として臨床実習にでる前、2年次にこの儀式を行います。

看護学科 看護学科
資格

訪問介護員(ホームヘルパー2級)

本校の奨学病院の特徴

国家試験を合格した卒業したての看護師は、技術的にもまだ経験不足ですので卒業後の看護師教育を積んで一人前の看護師となります。本校の奨学病院は、卒業後の看護師教育を十分にやっていただける大学病院、総合病院、個人病院であり、安心して働くことのできる病院ばかりです。