メイン画像

学園概要

HOME > 学園概要

本文

学園長挨拶

神村学園学園長 神村 勲

神村学園は、昭和31年に創立され、前身の「串木野女子高等学校」を平成2年に「神村学園高等部」と校名変更、中等部を併設し男女共学となり、「人柄教育」、「個性教育」を教育理念とし、これまでに1万余名の有能な卒業生を送り出してきました。

特に「人柄教育」を重視し、人間としてのマナー・モラルを強調し、人間性豊かな心の教育を最優先させ、人そのものの大切さを実践活動を通して教育しています。学力・技術・免許取得への努力はもちろん、やはりその能力を有効に発揮できるのは、人間性へのこだわりが一番だと思えるからです。 私は、看護科や保育科科の生徒によく言います。「君たちは、人様のお世話をするのでしょう。だったらまず、自分がしっかりしないとだめだよ。ルールを守り、笑顔とあいさつをしっかりとね。大切な人の命を預かるのでしょう。頑張って下さい」と。

さらに、神村学園は「個性教育」を重視し、スポーツの分野でも輝かしい実績を残しています。ソフトボール・駅伝・サッカー・硬式野球等すべて日本一を狙える位置にあり、県代表はもとより、全国トップレベルで活躍しています。

世はまさに、個性化の時代です。「サッカーをやりたい。野球をやりたい。それでいいじゃないか。でも、ただやるだけではだめだよ。やる以上は最高の目標を狙え。それは日本一だよ」それが、神村学園ではできるのです。なぜならば、それは最高の指導者と施設・設備と学校のやる気があるからです。「体カづくリ」、「マナー」、「学力」、「精神力」を調和させ、人づくりの一貫として取り組んでいるからです。

「人柄教育」と「個性教育」との人づくりを教育の根底に置き、国公立大学進学の文理科・普通科英語コース・特別能力コース(体育・音楽)・普通科調理・製菓コース・看護学科(5年課程)・保育科・広域通信制単位制課程など、特色ある学科を多数設置しています。生徒の自由選択により自分の可能性に挑戦できるのが特徴でもあり魅力でもあります。それが、神村学園なのです。

なお、初等部・中等部・高等部と一貫教育を柱として、附属幼雅園・専修学校を併設し、2,500余名が在学しています。さあ、みなさんも神村学園で自分の夢を実現させてみませんか。

神村学園学園長  神村 勲




ページTOP